Pocket

学生でもお金が必要なときはあります。そのようなときに安定した収入があれば消費者金融業者のカードローン(キャッシング)を利用すればお金を借りることができるのですが、アルバイト先などに在籍確認の電話がかかってきますので、アルバイト先に消費者金融業者を利用するのがばれてしまうのでは?と思うかもしれません。今回は消費者金融業者を利用するとアルバイト先にばれてしまうのか紹介をします。

学生ローン業者は在籍確認の電話をしない

学生がお金を借りる場合、大手消費者金融業者よりも学生ローン業者の方を利用する方が多いかもしれません。学生ローン業者も融資をして大丈夫な相手なのかを判断するために審査をしますが、アルバイト先に電話をして在籍確認などをすることはありません。

収入があると言ってしまえば特別に調べることをあまりありませんので、実際問題収入が全くなくてもお金を借りることが出来ます。つまり、学生ローン業者ならば、アルバイト先にバレルことなくお金を借りることができるわけです。

もちろん、家族や学校などにばれないように学生ローン業者はかなり配慮をしてくれますので、20歳以上で安定した収入があれば、安心してお金を借りることが出来ます。

消費者金融業者は在籍確認の電話をする

一方、アコムなどの大手消費者金融業者の場合は、学生であっても安定した収入があるのかを確かめるために、アルバイト先に電話連絡をします。社会人でも学生でも審査基準は同じなので、学生でなくても社会人がお金を借りる場合でも就業先に電話確認の連絡をします。

もちろん、アコムをはじめとした大手消費者金融業者もプライバシーに非常に気を配っていますので、アルバイト先に電話する場合であって、消費者金融業者からの電話であることがわからないように気を使ってくれます。

つまり、在籍確認の電話は消費者金融業者の社名を名乗らずに個人名でかかってきますので、電話をとった人をはじめ周囲の人に消費者金融業者からの電話であることはわかりません。

特別、勘のいい人でもいない限り、ばれる心配はほとんどなく、もしそのようなタイプの人がいればクレジットカード関係の電話であると言っておけば、まず間違いなくバレルことはないといえます。

モビットなら在籍確認の電話はない

消費者金融業者からの電話であるとはわからないように、在籍確認の連絡をしてくれるのですが、ばれる可能性は低いとはいうもののあまり精神衛生上いいものではありません。

そのようなことで頭を悩ませないようにする方法の1つとして、大手消費者金融業者の「モビット」の利用があります。モビットは大手消費者金融業者の中では、唯一、電話での在籍確認がない消費者金融業者なのです。

WEB完結というシステムがモビットにはありますので、ここから申込むことで、電話ではなく書類のみで在籍確認を完了させることが出来ます。

まとめ

学生ローン業者に関しては、お金の融資をする際に、学生が本当にアルバイトをしているのかなど、アルバイト先に電話にて確認をすることはありません。電話確認がないので学生としては安心してお金を借りることができると思われます。

一方、大手消費者金融業者の場合、基本的にアルバイト先に電話で在籍確認をします。本当にアルバイトをしているのかを調べるわけです。ただし、この時に消費者金融業者であることを名乗るわけではありませんので、同僚などに消費者金融業者から在籍確認の電話であるとばれる可能性というのは極めて低いといえます。

もし、絶対に電話確認をされるのが嫌だという場合は、モビットのWEB完結というシステムを利用して申込むことで、電話確認はなく書類のみの在籍確認となります。