Pocket

学生でもお金が必要になるときがあります。そのようなときに利用できるのが大手消費者金融業者である、アコムやプロミスです。また、学生ローン業者も利用することができますが、利用しやすさから考えればアコムやプロミスが有利です。しかし、問題となるのがアルバイト先への在籍確認の電話です。周囲にアコムやプロミスを使っているのがばれたくない場合、この在籍確認の電話を回避する方法があります。今回は、在籍確認の電話の回避方法を紹介していきます。

消費者金融業者の学生ローン業者と異なる審査について

まず、学生であっても下記の2つの条件さえクリアしていれば、大手消費者金融業者のプロミスやアコムからでもお金を借りることが出来ます。

  • 20歳以上である
  • 安定した収入がある

この2点さえクリアしていれば、年収の3分の1までならお金を借りることが出来ます。もし未成年でも融資をしてもらいたいというときは、大手消費者金融業者ではなく、学生ローン業者を頼りましょう。保護者の同意があれば融資をしてくれます。中には保護者の同意を必要としない場所もありますが、例外中の例外です。

では、学生ローン業者と大手消費者金融業者の審査での違いですが、大手消費者金融業者はアルバイト先への在籍確認を徹底しています。学生ローン業者に関してはアルバイト先への在籍確認の電話というものは原則実施されていません。

これは、学生なので非正規雇用でありわざわざ電話をして在籍確認をする意味がないからです。また、学生ローン業者の場合、どんなに収入があっても上限金額を50万円に設定していますし、学生が高額な融資を必要とするケースが少ないので在籍確認を徹底する必要がないのです。

そのため、学生ローン業者を利用するのであれば、アルバイト先に学生ローン業者から融資を受けているという事実は絶対にばれません。

一方、大手消費者金融業者の場合は、学生から社会人まで幅広く利用していますので、審査の途中で必ず在籍確認の電話をアルバイト先にします。この場合、当然ですが消費者金融業者であるとは名乗らず、ばれないように配慮していますので、アルバイト先に消費者金融業者から融資を受けているということはばれる可能性というのは低いといえますが、ゼロではありません。

アルバイト先に在籍確認の電話をさせない方法

アルバイト先に在籍確認の電話がかかってきても、消費者金融業者であることを名乗りませんので、基本的には消費者金融業者からの電話であることがばれるということはありません。

しかし、中には勘のいい人もいますし、ゼロではなく、もしアルバイト先が親戚など親族の会社の場合などはどうしても、親バレに繋がる可能性を否定することができません。

クレジットカード会社からの在籍確認の電話という言い訳もありますが、審査時にアルバイト先に電話をさせないことで、この問題を解決することが出来ます。もちろん、ウソの務め先の情報を消費者金融業者に伝えては、審査に落ちますので注意をしましょう。

アルバイト先に在籍確認の電話をさせない方法ですが、アルバイト先に在籍していることを証明する書類、例えば、給与明細などを提出することで、アコムなどでは在籍確認がとれたとして、アルバイト先に在籍確認の電話をしません。

まとめ

学生ローン業者の場合、審査の際にアルバイト先には在籍確認の電話をしないのが一般的です。もし何らかの事情がありアルバイト先に電話をするのであれば、きちんと学生の許可を求めてきます。

一方、消費者金融業者の場合はアルバイト先に電話をして在籍確認をします。もちろん、消費者金融業者であることは名乗りませんので、アルバイト先にばれる心配というのはありませんが、それでも嫌な場合は、給与明細などの務めている証拠の書類を提出することで、在籍確認の電話をしないケースもあります。