Pocket

学生でもお金が必要なときがあります。そのようなときにどのような選択肢があるのかを考えましょう。学生ローンとはいっても借金になりますので、なるべくは利用しないに越したことはありません。

お金がないときの選択肢

お金がないときの選択肢として利用することができるのはかきのものです。

  • 親から借りる
  • 教育ローン・奨学金
  • 学生ローン
  • クレジットカードキャッシング
  • カードローン

親から借りる

お金が必要なときには、親をはじめ家族からお金尾を借りた方がいいでしょう。返済期限も利息などもありません。借りた金額だけ返せばいいのですから。もし、返すのが遅れたとしても信用情報に傷がつくことがありません。

学生ローンなどの消費者金融業者を利用する前に、まずは家族を頼ることにしましょう。

教育ローン・奨学金

教育ローンは親が借りるローンであり、奨学金は学生が借りるローンです。

大学、専門学校、予備校の学費が足りないときにのみにしか利用することのできない方法ではありますが、お金を低金利で借りることが出来ます。教育ローンについては、親の強力が必要になります。

学生ローン

親から借りることができない、そして、学業目的以外ではない場合の選択肢としてあるのが、学生ローンになります。学生ローンはあまり大きな業者が存在しませんし、高田馬場に店舗が集中していますが、現在はインターネットから利用することができますので、日本中の学生が利用することが出来ます。

金利に関しては高めに設定されていますが、審査などが極めて容易であり、お金を借りやすいメリットがあります。

クレジットカードキャッシング

クレジットカードキャッシングについては、あまり学生向きのサービスではないので、他に選択肢が無い場合に利用してみましょう。

学生向きではない理由ですが、金利が高いからです。クレジットカードには、ショッピング枠、キャッシング枠があり、限度内であればお金を引き出すことが出来ます。とても簡単である分、利息を多くとるあたりが商売上手です。

カードローン

消費者金融業者から銀行からお金を借りる方法です。

20歳以上の学生しか利用することができませんし、学生利用不可というケースも銀行系のカードローンの中にはあります。また融資条件や審査も学生ローンと比較をすると厳しくなっています。さらに、学生の場合10万円を限度額にしている消費者金融業者もあります。

カードローンですが、商品によって無利息期間などのサービスを提供している消費者金融業者もありますので、ある意味では学生ローンよりは利用がしやすいといえます。

銀行系のカードローンなどに関しては、学生でも利用できるとしていますが、利用するためには保護者の同意が必要とありますので、家族に内緒で利用したいという場合であれば銀行系のカードローンは不向きでしょう。ただ、保護者の同意を得ることができれば、低金利で利用することができるでしょう。

銀行系は審査が厳しい分、メリットが多いので、保護者の同意を得る必要のない銀行系カードローンがあれば検討していくのがよいかもしれません。

まとめ

学生がお金を借りる手段としては、下記のものがあります。

  • 親から借りる
  • 教育ローン・奨学金
  • 学生ローン
  • クレジットカードキャッシング
  • カードローン

親から借りるのが一番安心です。利息なども一切発生しないですし、長期の返済期間があります。

家族にバレズに利用するのであれば、学生ローン、カードローンの2種類があります。特に学生ローンに関しては家族にばれないようにお金を借りるには持ってこいの場所ですから、家族にばれずに利用したいのであればおすすめです。