Pocket

gold128_128学生ローンと消費者金融のカードローン(キャッシング)とは異なるのでしょうか? そして、学生ローンは安全なのでしょうか。今回は学生ローンと消費者金融のカードローン(キャッシング)の関係について紹介をします。

学生ローンと消費者金融のカードローン(キャッシング)」の違いとは?

学生ローンを取り扱うのも、消費者金融のカードローン(キャッシング)に分類される貸金業者です。貸金業者なので当然ですが、貸金業法の規制を受けるのです。年収の3分の1まで借入できるという総量規制なども遵守されます。

つまり、学生ローンと消費者金融のカードローン(キャッシング)も実は同じと考えていいでしょう。

学生ローンと消費者金融カードローン(キャッシング)の異なっている点は?

では、学生ローンも消費者金融のカードローン(キャッシング)も同じなのかという疑問に関してですが、学生ローンの専門店は、顧客対象が学生に限られます。つまり、大学生、短大生、専門学校生、予備校生などです。

このため、一般の消消費者金融のカードローン(キャッシング)は必ず20歳以上でなければ申込みが出来ないのですが、学生ローンでは18歳以上でも申込みが出来る場所もあります。高校生でなければ、学校の指定が無いことも多いので、安心して借入れをすることが出来ます。

また、融資形態も消費者金融のカードローン(キャッシング)とは少し違いがあり、必要な書類が大きく異なります。学生ローンですから、当然、学生証が一番重要になるのです。他には、免許証、保険証があればさらに借りやすくなるでしょう。

さらに、一般の消費者金融のカードローン(キャッシング)は収入証明が必要となる場合が多く、勤務先などへ在籍確認の連絡が行くこともあるのですが、学生ローンの専門店に関しては、収入証明の必要もなく、身分確認やアルバイト先への在籍確認の連絡は一切ありません。

これらのことから、学生の場合は学生ローンの方が融資は受けやすいのです、学生対象の融資へのノウハウが充実していると考えられます。

学生ローンの劣る点

学生ローンに関してですが、限度額は少なめの傾向があります。これは年収に関わらず最高額10万円までと決まっている学生ローン専門店もあります。もう少し融資をして欲しいと考えている場合は、申込み先を検討する必要があります。

また、学生ローンに関しては「学生」が対象になります。つまり、学生期間中のもみしか利用することが出来ないです。しかし、卒業してもそのまま借入が出来る場合もありますので、長期の利用から信頼度が高まり金利が低くなるメリットが出てくる場合もあります。

まとめ

学生ローンに関しては、一般の消費者金融と対して変わらないのですが、細かい点で、学生が利用できやすくなっている点があります。

例えば、融資の対象が学生に限られていたり、高校生でなければ未成年であっても融資を受けることが出来る点は異なります。また、審査が非常に緩いという点もあったりします。

学生ローンの中には、卒業後にも利用できるものもありますので、長期的なマネープランにも学生ローンを利用することが出来ます。