Pocket

desltop128_128学生ローンを利用する場合、どのようにして利用すればいいのでしょうか? 今回は学生ローンの利用のしかたを紹介します。

学生ローンの申込みの方法

学生ローンの申込み方法は、3種類あります。

  • インターネットでの申込み
  • 電話での申込み
  • 来店し申込み

この中で、現在はインターネットでの申込みが一般的です。興味のあるかたは実際に学生ローン事務所へ行ってみてもいいかもしれません。ただ、学生ローン業者の事務所は、都内にしかありませんので、地方在住の方には、あまり現実的ではないと思われます。

申込み

インターネットでの申込みが現在、一般的なのですが、学生ローン業者のホームページから必要事項を記入することですぐに完了をします。

特に、現住所、学校名、連絡先の基本情報に関しては正確に入力をしましょう。

申込みが完了しますと、学生ローン業者の方から電話がかかってきます。

電話での審査

学生ローンの審査は基本的に電話で行われます。

この電話での審査に関しては、ネットで申込む際に時間などを指定するとその時間帯に、学生ローン業者からかかってきます。

この電話で、アルバイトの状況、お金の利用目的、返済スケジュールなど、いろいろと確認をされます。そして、特に融資をしても問題ないと判断されれば、実際にお金を借りることができるのです。

審査に関しては、特別必要な書類もありません。しかし、場合によっては使用用途を証明する書類というのが必要になります。

書類は基本的にそれくらいで収入証明書などは必要とされません。また、アルバイト先などに在籍確認の電話というものがありませんので、誰にもばれることなくお金を借りることができるのです。

アルバイトをしていて、ギャンブルなどに使用しないということがわかれば、融資に落ちることはないのですが、使用目的などを偽ったりしますと、印象が悪くなり審査に落ちることもありますので注意をしましょう。

お金を引き出すには?

審査に通過をすると、お金を借りることができるのですが、基本的にお金は銀行振り込みに限られます。

学生ローン業者は、コンビニなどに提携ATMが無い場合が多いので、一般的に審査通過後は指定の銀行口座に振り込まれる形で融資が行われます。

返済の方法

融資を受けたお金は返済しなければいけません。

返済方法も、基本的に銀行振り込みになります。毎月1回、指定日までに一定額以上を銀行振り込みにて返済をしていきます。

返済方法ですが、指定銀行への入金による返済が一般的ですが、業者によっては現金書留や業者へ来店して直接返済など複数の返済方法を採用しているところもありますが、銀行振り込みしか対応していない学生ローン業者の方が一般的です。

まとめ

学生ローンを利用するならば、パソコンと電話が必要となりますが、それ以外は、特別学生ローン業者の事務所へ足を運ぶ必要というのはありません。

必要事項尾を入力し、電話での審査に正直に答えることで最短で即日の融資が可能となります。

返済の方法は所定の銀行口座への入金となります。

非常に簡単に利用することが出来ますが、依存しすぎないようにしましょう。