Pocket

family3128_128学生ローンは親にばれずにお金を借りることのできます。もちろん、不誠実な対応をしていれば親へ連絡が行くことがありますが、基本的には親にばれないようにきちんと配慮をしてくれます。もちろん、一部例外はありますが、親にバレる心配性というのは学生ローン業者に限れば、ほとんどないといえます。

同居をしていてもばれないのか?

親と同居している以上、口うるさい親に学生ローンを利用したことがばれてしまうと、面倒臭いことになります。

そのため、親に内緒でお金を借りることというのは、学生ローンを利用する上で細心の注意を払う点となるでしょう。

結論から言えば、親に学生ローン業者を利用していることがバレる可能性というのは、自分で言いふらさない限りはありません。これは、学生ローン業者にとってもメリットがないことなので、秘密厳守という姿勢は、学生側が不誠実な対応をしない限り、崩しません。

ただ、例外として学生ローン業者の多くが未成年の場合は保護者の同意を求めてきますので、未成年が利用する場合は注意をした方がいいでしょう。学生ローン業者のアイシーローンに関しては、保護者の同意を必要とせずに未成年にも融資をするので、そこを利用するといいでしょう。

契約書が家に届くけど安心

学生ローン業者の多くが高田馬場に集中していますので、地方在住の方は電話やインターネットを利用して契約を結びます。この際、契約書というのが後日発送されます。

この契約書によってバレる可能性というのはゼロではありませんが、この契約書が入っている封筒に関しては、学生ローン業者からの封筒ということはわからず、中身を確認されない限りは、親に絶対にばれません。

電話連絡に関して

申込みの段階では、住所や電話番号を書く必要があります。この時に、実家の連絡先などを記載してしまっては、学生ローン業者からの電話がかかってきたときに、親が電話に出てしまったら洒落になりません。

申込みを行なっただけでは、実家へ電話をする学生ローン業者は皆無です。ただ、学生ローン業者から電話がかかってくるようなときがあるのであれば、自身の携帯電話へ電話をするようにお願いをしておけば、実家の固定電話に何度も電話するようなことは絶対にありません。

不誠実な対応をすると親へ連絡がいく

不誠実な対応というのは、お金を返さず行方をくらませるということです。学生ローン業者からの連絡を一切無視して過ごしていますと、学生ローン業者は自宅などに督促状を送ります。

そのため、普通に返済をしていれば絶対バレルということは無いのです。返済日までに入金することができなくても、きちんと電話をして学生ローン業者とお話をしておくと、返済日を待ってくれる可能性があります。

きまずくて、連絡をしないというのが、最も悪い手段になります。

親にばれるのは学生ローン業者としてもデメリット

学生ローン業者の利用者のほとんどが学生です。その学生がもっとも気にすることが親にばれるかばれないかになります。つまり、親にばれるような甘い対応を取っている学生ローン業者に関しては、学生が利用したがらなくなり、ビジネスが成り立たなくなります。

そのため、親にばれないように学生ローン業者というのは細心の注意を払いますし、電話連絡をするにしても、学生の意向を大いに反映させます。未成年で保護者の同意が必要だとしても、学生へまずは電話をしていいか確認した後に、電話をしますので、勝手に親へ連絡をするということは無いのです。

まとめ

学生ローン業者は、親にばれるような対応をしていては、顧客の学生が離れて行ってしまいますので、親にはばれないようにかなり気を使ってくれます。

しかしながら、学生側が連絡をとらない、返済をしないという不誠実な対応をしていれば、督促状などを送ることもあります。