Pocket

atm96_96学生ローンに関しては、返済方法が決められています。これはアコムやプロミスなどのような場所とは異なります。なぜ学生ローンの返済方法は限られていることが多いのでしょうか。そして、学生ローンの返済方法とはどのようなものが一般的なのかを紹介していきます。

学生ローンの返済方法

学生ローンの返済方法に関しては、下記の3つの方法があります。

  • 来店による返済
  • 現金書留での返済
  • 銀行振り込みでの返済

この中ですべての学生ローン業者が採用している返済方法が、銀行振り込みでの返済です。

現金書留は採用していない学生ローン業者のほうが多いのです、現金書留での返済をも認めている業者もあります。

来店返済のハードル

初回融資時に来店をする業者というのも存在をしますが、基本的に学生ローン業者は高田馬場に集中していますので、東京在住、特に高田馬場近辺に住んでいる方でなければ、来店での返済というのはあまり現実的ではないでしょう。

また、あまり他人には見られたくないという方の場合は、来店での返済というのは敷居が高くなるのではないのでしょうか。

結果的には、銀行振り込みでの返済というのが一番現実的であり楽な方法です。

銀行振り込みが一番多い理由

学生ローン業者の場合、アコムやプロミスなどのように返済方法を複数の中から選ぶことはできません。基本的に前述した3つの返済方法の中の銀行振り込みでの返済というのが一般的です。銀行振り込みかしか認めていないところもあるでしょう。

なぜ、複数の中から選ぶことができないのかといえば、学生ローン業者は大規模に活動をしていないからです。そのため、ATMと提携をしていないので、ATMを利用しての返済というのもできませんし、またコンビニからの返済というのもできません。

銀行振り込みでの返済方法

通常は、学生ローン業者の指定する期日に、学生ローン業者の口座にお金を入金して完了となります。

この返済日に関してですが、学生ローン業者が指定する場合と契約の際に学生ローン業者と話し合い返済日を自由に決めることができます。アルバイトの給与の入金日はアルバイト先によって異なりますので、自分で返済する日にちを決めることができる方が返済するにあたっては容易になります。

ちなみに、振り込みを行う際の手数料に関しては学生のほうが負担するというのが一般的のようです。

現金書留での返済に関して

現金書留とは、現金を郵送するために使用する方法です。現金に関しては、この現金書留を利用して郵送しなければならないと決まっています。

現金書留に関しては、封筒を購入して送料を別途支払う必要があります。また万が一、お金が届かなかったときのために、400円の保険を支払う必要もあります。そのため、ローンの返済額にプラスして500円~600円程度の費用が余分にかかってしまいます。

さらに、現金書留を利用すると学生ローン業者までに現金書留が届くまでに少し時間がかかりますので、返済期限から届くまでの時間を逆算して現金書留を出す必要があります。

こちらも、実際のところあまり現実的な手法とはいえず、現在では返済方法の一つとしては残っていますが、利用する方はあまりいないのではないのでしょうか。

銀行振り込みに関しては、入金したらすぐに確認することができますし、どんなにかかっても翌営業日までには入金が完了して手軽です。

ATMが設置されているところもある

学生ローン業者の中にはATMを持っている業者もいます。ただ、このATMというのは店舗に設置されているもので、結局は来店をする必要がありますが、手軽に返済をすることができます。

まとめ

学生ローンの返済方法は、下記のものが一般的です。

  • 銀行振り込み
  • 現金書留
  • 来店

この3種類が一般的です。特に銀行振り込みが簡単なので、銀行振り込みを利用するという方が多くなります。振り込み手数料は学生の負担になりますが、入金のスピードと確実性に関しては、非常に高いものがあります。

アコムなどのように多様な返済方式がないのは、学生ローンが大規模に活動をしていないからです。