Pocket

graphline128_128学生ローンの返済方法の1つに「元金自由返済方式」というものがあります。この元金自由返済方式とはどのような返済方法なのか、またどのようなメリットやデメリットが存在するのか注意点なども併せて紹介をします。

元金自由返済方式とは?

元金自由返済方式ですが、これは月々の返済額を自分で自由に決めることのできる返済方式になります。もちろん最低返済額として利息分の支払いは必ず行わなければなりません。

つまり、利息額だけ払えば、その月の最低返済額を満たしていることになりますので、極端に話、元金の返済をする必要というのがないのです。

この元金自由返済方式に関しては多くの学生ローン業者が採用しており、月々の返済は利息分だけで大丈夫で、元金の返済に関しては金銭に余裕のあるときに自由にすればいいというものです。無理することなくローンの返済ができ、返済計画を立てやすい点で好まれます。

元金自由返済方式のメリット

元金自由返済方式のメリットは、自分で返済額を決めることができるので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

毎月、利息を支払う必要がありますが、学生ローンの場合、法外な利息が発生することはないので、利息分さえ確保してしまえば、今月の収入に余裕がないという場合でも安心です。

アルバイトなど収入が不安定な人向け

また、基本的に元金自由返済方式に関しては月々の収入が安定していない人が利用するのにとても向いている返済方式なのです。学生の場合、基本的にアルバイトですから収入が多い月、少ない月があります。

例えば、テスト期間中なのでアルバイトのシフトを多く入れることができなかった、体調を崩して長期間アルバイトを休んでしまったなどすると収入が大幅に減少しますが、元金自由返済方式の場合は、このような不測の事態に遭遇しても利息分を返してしまえばいいので非常に安心です。

元金自由返済方式のデメリット

元金自由返済方式は何もメリットだけではありません。デメリットとして、返済計画を自分で1から立てる必要があるという点にあります。ローンの返済に関しては、返済プランをしっかりと立てる必要があります。これは元金自由返済方式のみに当てはまることではありませんが、元金自由返済方式に関しては、この返済プラン作りが他の返済方式よりも重要になります。

現在の借入残高を常に頭に入れて返済をする必要がありますから、自分で返済プランをしっかり立てることができないという人に関しては、元金自由返済方式での返済はあまりおすすめすることできません。例えば、不測の事態がおきて返済プランに異常が起きてもすぐに修正することができなければ、元金自由返済方式での返済は難しいでしょう。

完済予定日をきちんと決めて確実に毎月元金込で返済をしていき、予定通り返済を済ませる必要ことが重要になってきます。

返済期間が長くなるデメリット

また、元金の返済をする必要がありませんので、返済期間というのがどうしても長くなってしまいます。つまり、毎月利息分だけを一生懸命入金をしても、それは利息なので、いつまでたっても元金の返済ができないと借金の完済にはなりません。

返済金額が高額になるデメリット

前述のとおり、利息をいくら返済しても借金の完済にはなりません。

毎月の返済に関して、勘違いしてしまいがちのことですが、毎月利息分を返済していても、まったく意味のないことなのです。そのため、借金の管理を自身でしっかりすることができなければ、最終的に利息分を多く支払っていますので、総支払額が莫大なものになってしまいます。

まとめ

元金自由返済方式に関しては、毎月の返済が利息だけで済むというものです。収入が安定しない方にとっては非常にメリットのある返済方式です。

しかし、利息だけを支払っていても借金それ自体はなくなりませんので、いつまでたっても借金がなくならないということがあります。そのため、返済プランを自身で上手に立てることができない方が利用した場合、総支払額が莫大なものになる可能性があるので注意をしましょう。